2007年10月26日

運動しない私のダイエット

運動しない私のダイエット方法は炭水化物 ダイエットです。
この方法は炭水化物の量を低くするダイエット方法なんですがちょっと説明します。

まずは摂取カロリーとGI値

★GI値って?
炭水化物を食べると血糖値があがりますが、この上がった血糖値をインシュリンが元に戻し、各細胞にエネルギーに変えて送る役割をもってます。
でもエネルギーが十分に行き渡ると、インシュリンが余分な糖を脂肪細胞に蓄えてしまうのでこれが肥満の元になってしまうんです。

インシュリンは血糖値を一定に保つ為に働くので、血糖値さえ上がらないようにすればインシュリンは脂肪細胞に蓄えません。
つまり、インシュリンの性質から血糖値を急上昇させる食品ではなく血糖値をゆるやかに上昇させる食品を選んで、インシュリンの分泌をおさえるということです。

GI値は血糖値が上がるスピードのこと。
つまり、GI値が低い食品を食べていればインシュリンの分泌をおさえられ、太りにくくなるということです。
例えば、白米と玄米を比べてみるとカロリーは殆ど同じなのにGI値を比べると大きく違って白米=84 玄米=56という差があります。
もし同じ量を食べても玄米の方が太りにくいというわけです。

このダイエットの目安としてはGI値のボーダーラインが60以下になるのですが、下記にこのダイエット方法に適したGI値の低い代表的な炭水化物を紹介しておきます。

・発芽玄米 54 ・玄米 56 ・そば(乾) 56  ・そば(生) 59  ・ライ麦パン 58 等

GI値の低い炭水化物の特徴はライ麦パンといったように比較的色の黒いものが多いということが言えるかもしれません。

逆にGI値の高い代表的な炭水化物は下記のものです。

・フランスパン 93 ・食パン 91 ・うどん(乾) 85 ・ロールパン 83
・うどん(生) 80 ・インスタントラーメン(乾) 73 ・そうめん 68
・クロワッサン 68 ・スパゲッティ(乾) 65 ・中華めん(生) 61  

よく見ていただくとわかると思いますが、みなさんがよく口にされている食品が多い事にきずくと思います。

特に夜食として食べていたりすると他のダイエットをしていても効果が表れにくくなるという結果になったりします。


★このダイエットに関するその他の注意点

ただGI値の低い物を食べていれば良いと言う訳ではなく、GI値の低い物でも沢山食べれば当然血糖値は上昇します。
GI値の低い物を選ぶほうが同じカロリーをとる場合に太りにくいと言うことなんです。
基本的にダイエットとして極端なカロリーカットも基礎代謝量を減らすことになり太りやすく痩せにくい体質に変わってしまうので注意して下さい。
単にカロリーが高いと血糖値 が上昇するという訳ではありませんので
誤解しないようにして下さいネ。

★お酒が好きな方へ(私もすごく好きなので…ちょっとアドバイス)
お酒のつまみに適しているのは、きんぴらごぼうやサラダなどの食物繊維、酢の物、豆腐料理などですが、特に油っこいものは控えるようにしましょう。
やっぱり飲み終わりのラーメンや夜中のインスタントラーメンは肥満のもとですね… (^^; 自己反省です。。。


posted by しゅうこう at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

2007年10月18日

ダイエットのサポート

posted by しゅうこう at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。